AKEEYO協賛SAG racing team

AKEEYOは2016年創立後、ずっとロードレースに力を入れて、優秀なレーサーを支援してまいりました。一人でも多くのレーサーに安心と上質な走行体験を提供するため、レースを通じて経験を積み、プロレースの基準で製品の性能を絶えず改善し精進してきした。

2020新シーズンの到来につれて、SAG Racing TeamのスポンサーであるAKEEYOはまたチームと共に戦っていきます。

   まず、SAG戦隊をご紹介します!

SAG Racing Teamは2002年を皮切りに、地方や全国選手権に挑戦し続けてきました。
2005年、MotoGP World ChampionshipでのÁngel Rodríguezの125cc Classの素晴らしいプレーでグローバルな優秀チームの仲間入りを成し遂げました。

3つの主要なオートバイイベント

MotoGP World Chopionship

世界で一番注目されるロードレース。20の大賞を獲得するため、全部で4つの大陸16カ国が角逐しています。試合の中継を放映しているチャンネル数も45を超えています。

Moto 2

世界選手権の中で最も競争力のある種目で、世界で最もヘビー級のスピード型のレース。毎年18カ国から30名の優秀なレーサーが激しいレースで互いと競り合います。

Moto 2 European Chopionship

このレースはミドルクラスのモデルを特色としており、使用している車種は世界選手権と同じなので、チームやレーサーたちの経験を積むステージとなっています。

   続いて、チームの中で戦歴豊富な若者二人を紹介しましょう!

若いドライバー二人

Kasma Daniel

国籍:マレーシア
誕生日:2000/9/2
身長:173 cm
体重:64 kg

彼は現在チーム内で一番若い選手で、2020年SAGに合流しましたが、以前はCEV(ヨーロッパ選手権)とARRC(アジアロードレース)に参加していました。

Remy Gardner

国籍:オーストラリア
誕生日:1998/2/24
身長:178 cm
体重:72 kg

彼はMotoGP世界選手権レジェンドレーサーWayne Gardnerの息子で、2019年に合流し、2019年にアルゼンチンGPで2位という功績を挙げました。

  AKEEYO――プロレーサーの相棒!

コロナ禍という状況下で、レーサーたちは安全を確保する上で、積極的にレース前の 練習に勤しんでいます。
練習に不可欠な相棒はバイク用ドラレコのAKEEYO-988Gです。

AKY-988Gは防水、防塵だけでなく、振動防止技術に、SONY CMOSセンサー「STARVIS」と広視野高解像度LCDモニターを搭載。
走行中の過度露光や露光不足などの問題を完璧に解決し、レーサーに高感度、高画質の走行記録映像およびコース技術分析のリソースも提供します。
同時に、レーサーたちはプロレースのコースを体験することで、AKEEYO製品開発チームにより多くのテストデータを提供し、製品技術と性能の持続的な最適化と更新を促進します。

AKEEYOバイク用ドラレコは一流のレーサーのもとで一流のレースを数多く経験してきた製品で、ドラレコの中でも恥じない「優秀選手」です。

AKE-988G商品仕様

- 液晶:3インチ960×240ディスプレイ
- ファイル形式:動画:H.264(.mov);静止画:JPEG
- マイク:高感度マイク内蔵(音声録音ON/OFF設定可能)
- 記録映像再生方法:Windows Media Player
- レンズの防水レベル:IP67
- 液晶モニターの防水レベル:IP65
フロントカメラ部仕様:
- 撮像素子: SONY IMX307 CMOSセンサー
- 有効画素数: 最大200万画素
- レンズ画角: 140°
- 解像度:1920×1080@27.5fps

競技場の写真!

 2020年の試合は進行中です!

スピードやパワーに目がないマニアだったら、以下のレーススケジュールをきちんとお見逃しなくチェックしてください!

すでに開始した2020年シーズンで、勇敢なレーザーたちの応援を惜しみなくよろしくお願いします!